So-net無料ブログ作成
検索選択

江 最終回 あらすじ [江]

いよいよ最終回です。

第46話の江のあらすじです。


徳川家中は、世継ぎに嫡男の竹千代(水原光太)が決まり、
千(忽那汐里)の嫁ぎ先も決定し落ち着きを取り戻していた。

しかし、諸大名に対する厳しい仕置きが秀忠(向井理)に目立つようになる。

そんな折、2度目の浮気が発覚し隠し子まで発見される。

江(上野樹里)は怒りが収まらないが、隠し子の幸松(小林海人)が
竹千代や国松(松島海斗)と無邪気に遊ぶ姿を見て、考えを改める。

これが、のちに江戸城大奥を誕生させることになるのだが、
正室の子も側室の子も徳川の子として育てようという思いである。

一方、重臣の本多正純(中山麻聖)を流罪にするなど秀忠の厳しい仕置きは続いていた。

江は秀忠と言い争うが、家光に諭される。

そして1623(元和9)年、家光は将軍となる。


予告動画はこちら



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。