So-net無料ブログ作成
坂の上の雲 ブログトップ
前の1件 | -

坂の上の雲 あらすじ 第3部 [坂の上の雲]

日本が近代国家への道を歩み出した明治期。四国・松山出身の男たち3人の生きざまを通じて、

難局に面していた時代の日本の群像を壮大なスケールで描く。



ロシアは旅順艦隊にバルチック艦隊の日本派遣を決定する。

バルチック艦隊と合流されたら日本の連合艦隊に勝ち目はない。

旅順要塞(ようさい)に守られた旅順艦隊を撃破するため、

連合艦隊司令長官・東郷平八郎(渡哲也)ら海軍は陸軍と作戦会議を開くが、

海軍は二〇三高地、攻略を主張し、陸軍は旅順要塞陥落が目的であるとして、

海軍の意見を退ける。

この動きに旅順艦隊が反応し黄海での海戦になるが、連合艦隊は敵を壊滅させることができない。

一方、正面攻撃を敢行した第1次総攻撃、第2次総攻撃も失敗に終わる。

そして10月、バルチック艦隊が日本に向け出発する。


前の1件 | - 坂の上の雲 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。